ブラックスプロイテーション・フィルム

昨日の投稿があまりにも酷かったので全てを無にして今日はまじめな投稿を心がけます。

僕も含めてみんな大好き憧れ「自由の国」アメリカ。
今年史上初、アフリカ系アメリカ人の血をひいたバラク・オバマが大統領に就任したといっても
いまだ世界で一番 人種差別が好きな国ですね。。。。

その手の話を書くと熱くなって非常に長い文章になりドン引きされるのは確実なので辞めておきます。

ブラックスプロイテーション・フィルム・・・・ちょっと聞き慣れない人もいるかもしれませんが
「Black(黒)」と「Exploitation film(娯楽映画)」の造語で、70年代前半に流行した、
黒人の観客のために黒人が作った黒人向け娯楽映画の一般的な呼称です。
いわゆる「ブラックシネマ」ってやつですね。

60年代、公民権運動の高まりや興行実績から黒人の客層も無視できないという事情等から、
ハリウッドで作られる虚構に満ちたメジャーな作品にも黒人俳優・作家の積極的な起用が始まりました。
しかし、60年代に制作されたブラックシネマの殆どは白人側からの視点で造られている感は
否めませんでしたが、71年のインディーズ映画「Sweet Sweetback Baadasssss Song」
のヒットからより黒人の視点に立った映画が製作される様になり大ブームとなります。
(それまでは黒人の俳優のラブシーンなんてありえなかったそうです)


内容は殆どの映画が低予算のB級ムービーで、物語の主題は黒人対白人という物です。


なんだつまんねーじゃん。という人もいるかと思いますがそんな事はありません!
そしてなによりサントラが素晴らしい!
なんたって当時のトップクラスのソウルミュージシャン達が手がけている物も多いですから。
アルバムだけを聴いても素晴らしいのですが映画の中で流れるのを聴くとその良さが
何倍にも感じます。


といっても僕自身もかなりメジャーな作品しか観てないのですが。。。。。


普段の音楽動画はなるべくライブ映像をアップする事を心がけているのですが
今回は映画のシーンの物をアップします。
スパイクリー監督の作品なんかが好きな人はかなりハマると思うんだけど・・・・・・・




Sweetback's Theme - Earth Wind & Fire
スウィート・スウィートバック(邦題)1971年
まだEarth Wind & Fireが格好良く凄いバンドだった時代の再初期のジャズファンクの名曲です。




Theme from SHAFT - ISAAC HAYES
黒いジャガー(邦題)1971年
アイザックヘイズは近年米国TVアニメ「サウスパーク」のシェフ役で有名ですよね。
あの番組を降板したのは宗教上の理由だそうです。
昨年残念ながら亡くなってしまいましたが。。。。




Pusherman - curtis mayfield
スーパーフライ 1972年
本当は同名のタイトル曲にするつもりでしたがライブ映像しかみつかりませんでした。
そちらは次の機会にでもアップします。
しかしカッコイイ。。。




COFFY IS THE COLOR - ROY AYERS
コフィー 1973年
主演のパムグリアはこれが初主演作品。その後ブラックムービーのディーバ的な存在となります。
近年はタランティーノのジャッキーブラウンに出演して再度脚光を浴びましたよね。
(ヘルライド/ラリービショップと同じパターン・・・・・)
サントラはロイエアーズが担当。ロイエアーズはこのブログ上では2回目の登場ですね。
[PR]
by jellyroll1015 | 2009-07-22 23:04 | 70’s SOUL/FUNK
<< a day ホテルがライバル >>