続・為にならない話

さて、脱落してしまったテールレンズ。
このままサランラップという訳にはいきません。ただ、レンズだけ購入する事はたぶん出来ないので
本体丸ごと交換する事にします。これが当時物純正品とかなら色々検討するのですが
僕のはリプロダクションなんで。。。。





しかし、今は年末。英国のお店も勿論お休みです。
今頼んでも年明け発送なのは当然の事、場合によっては発注メールすら忘れられて永遠に送られて
来なくなる可能性もあります。。。。
なので発注は来年にしましょう。




しかし、このまま数週間乗るのはあまりに格好悪い。
とりあえずサランラップをやめてもう少し見栄え良くしなければなりません。




一番簡単なのは透過性のある赤いアクリル板を購入して丸くカットして使用する事ですが
数週間しか使用しない物に時間とお金を使いたくありません。
円形カッターも購入しなければならないし。。。。。。。



そこで・・・・・・










b0186107_20333123.jpg

友人から貰ったアイアン純正のテールレンズから切り出す事に・・・・・










b0186107_203494.jpg

裏側には丸く溝があるので溝にそってカットすれば円形カッターも不要です。





が、ノギスで寸法を測ると何本も入っている溝とカットしたい寸法がまったく合いませんでした。。。
そのうち・・・・切るのメンドクセーな。。。。表面ボチボチしてるのやだし。




なにか無いかなー?。簡単に切れる物。


そして思いついたのがCD用のケース。
これなら薄いアクリルなんで簡単にカッター程度でも切れます。使わないケースは何十枚もあるし。







b0186107_2035524.jpg

なんとCDケースの中心にある丸い溝がカット寸法とほぼ同寸法!









b0186107_20353275.jpg

これはと思い早速カット。



カット後にふと赤いCDケースもあった様な・・・・・と思い出し、探してみると・・・・・・








b0186107_20355721.jpg

ありました!赤いケース。



で再度カットして装着!







b0186107_20362760.jpg

なんか光がエロいすw
穴開いてるから雨入るかもしんないし・・・・・・









b0186107_20365190.jpg

結局裏側から赤い透過フィルムを貼りました。

とりあえずサランラップよりは全然ましになりますた。






ルーカス MT110テールライトを装着しているみなさん、もし正月休み時にレンズがなくなっても
赤いCDケースがあれば問題ないですよ〜w



・・・・・・ね?やっぱり為にならないでしょ?

















The counts - Why not start all over again
前回に続きゴリゴリのファンキーグルーブ。The countsはデトロイトのファンクバンドです。
1971年(SOUND ONLY)
[PR]
by jellyroll1015 | 2010-12-30 22:45 | 70’s SOUL/FUNK
<< 良いお年を! 為にならない話 >>