朝練(2012.6.24)

日曜日は恒例の朝練でした。
僕は午後から予定があったのですが最近色々弄っているアリエルの調子も見たかったので早朝のみ参加。











b0186107_18172283.jpg

b0186107_18173347.jpg

b0186107_1818178.jpg

b0186107_18181835.jpg

b0186107_18184120.jpg

b0186107_18185495.jpg








帰路。
前方にかなり怪しいオーラを放つバイクが走ってるなーと思ったらw














b0186107_18232696.jpg

なんと偶然にもU-jinさんの納車したてのセクシービアンコ号に遭遇!









b0186107_18204896.jpg

37年ナックル・・・・・・かなりのヒストリー付きの車両だそうです。
いつもの37ポリスもとんでもないですが、これも凄まじいっすね。。。。
おめでとうございます!ナラシは僕も付き合います!!



そしてmoto君に会うというので僕もちょっと寄り道。





b0186107_1830915.jpg

moto君のチーフも絶好調だそうでこの後走りに行くそうです。いーなー。










ところで・・・・・僕のアリエルはといいますと。。。
U君に頼んで製作して頂いた部品も調子良くていい感じ。











b0186107_1836532.jpg

とち狂ってフューエルタンクとキャッチタンクを磨いてしまいましたw














Jam On The Groove - Ralph MacDonald
ラルフマクドナルドはニューヨークのパーカッション奏者ですが
皆が知っているのはなんと言っても映画“サタデーナイトフィーバー”のサントラに収録されている
“Calypso Breakdown”だと思います。
ですが、この人はプロデューサー、ソングライターとしても凄い人でロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ
の大ヒット“Where Is Love”はこの人の楽曲だったりします。
もちろんパーカッション奏者としても超一流。
この“Jam On The Groove”はブレイクネタとしても定番中の定番すね。1976年(SOUND ONLY)
[PR]
by jellyroll1015 | 2012-06-25 18:37 | 70’s SOUL/FUNK
<< Look, Signal, M... 朝練(2012.6.10) >>