無理して読まなくていいじゃんよ。2

つづき


さて、本題の“今後”はどうするか。
自分の答えははっきりしている、“乗り続ける”一生乗るとかそんな恥ずかしい台詞は言う気はないが自分が飽きない限り乗り続けたい。



勿論、自分は何も出来ないし廻りの仲間に迷惑を掛ける事になるだろう。
でも、乗り続けていきたい。



それはトリニティーに入学してその最後を悲しんだ人たちは皆同じ気持ちだろう。




良い悪いではなく・・・・大枚はたいて、仕事や家庭の都合をつけて秋葉原に通い、
自分自らの手で工具を手にして旧車をレストアした人間とそうでない人間では考え方は間違いなく違う。
※何度も言うが通ったから良いという意味ではない。




はっきり言ってインターネット等で情報やノウハウを得る為に無理やり知人を作るという事も我々には不要だった。
なぜなら、大抵の情報やノウハウはトリニティーに行けば教えて貰えたし、それでも分からなければ一緒に考えてもくれた。
近年では独立開業したスペシャルショップからの助言も。勿論、大勢の仲間も相談に乗ってくれる。



それでも、一部でトリニティで組んだバイクが調子良くないとか戦前のバイクは直せないなんて声は
聞こえてきたりもした。。。。



それらの情報を快く教えて貰えるのはあくまでも“リスク”を負ってトリニティーに入学して、その後も
対人間として関係者の皆と良い関係を作り上げられた人間の特権だと思う。






たとえスクールが消滅してもその関係は続いていくと自分は信じている。






だが・・・・個人的には少なくとも“英車業界”はとても危機的な状況にあると思う。






そう、トリニティースクールが消滅してしまったから。
生徒が減ったとはいえ常に新しい英車乗りを輩出してきたのだから。
それがストップしてしまったのだ。




ただでさえ狭い業界なのにますます衰退してしまう。。。。。





勿論、卒業生OBが経営するプロショップや友人知人が経営するプロショップも物凄く頑張っている。
今後はもっと負担も大きくなるかもしれない。さらなる奮起に期待したい。



で、我々はどうするか?



もちろん、冒頭の。“乗り続ける”事に変わりはない。
だが、解散パーティーで富成校長が語っていた様に若い世代や英車予備軍の人たちが我々を見て
英車に乗りたいと思われる様なカッコイイ ライダーになる様努力する。



それは、ただ暴走行為をするという意味では勿論なく・・・・・知識、技術、身なり、仕草、人間性。。。
すべてにおいてで。



人の事はどうでもよいとは言いながら、業界そのものが縮小してしまうのは自分としてもとても困る。
ましてやそれで生計をたてている仲間も多い。やはり、業界を盛り上げなければならない。





偉そうな事を言って、皆があこがれるカッコイイライダーとか言うが完全に自分は力不足(笑)
もちろん、努力はしますが。



だが、この長文を読んでくれた人の中で共感してくれる人がいるなら少しだけでも意識し努力してくれたらと願う。





つづく?










b0186107_1195242.jpg

2014年1月26日。最後の集合写真。
(画像拝借)

















Funky Drummer - James Brown
最強のブレイクビーツ!
[PR]
by jellyroll1015 | 2014-02-14 01:05 | 70’s SOUL/FUNK
無理して読まなくていいじゃんよ。1 >>