2012年 12月 21日 ( 1 )

いまさら。3

まだ画像整理。
あの日から色々と試行錯誤して参りました。。。。。





方法は色々考えられます。
1.新品又は程度良好の中古を見つけて交換。
2.部品単品製作。
3.既存の刃を切り落とし、ショックアブソーバーの波型を利用して汎用スプロケを溶接。
4.高年式の物を流用。
5.見なかった事にする。。。






とりあえずは英国のショップへ問い合わせ、e-bayを毎晩チェック。。。。
簡単には見つかりません。。。。







そして、仲間達に相談すると・・・・・
30年代アリエルに乗るトリニティーの仲間でもあるKさんが30年代のスプロケを、
熊本トラヴィス・サイクルズさんが中古の40年代スプロケ及びアブソーバーをアッセンで貸してくれました!



で、検証。







b0186107_1275476.jpg

左から、20年代、30年代、40年代。。。。20年代だけショックアブソーバーの形状が違います。

※ちなみに高年式のスプロケはクランクケース→スプロケ→ショックアブソーバーとなりますが
 20年代はクランクケース→ショックアブソーバー→スプロケという具合に
 スプロケが一番外側となり順序が異なります。








さらには八王子のsupreme motorworksさんが本国のヴィンテージアリエルのスペシャリストに
問い合わせしてくれる事に!







その間、僕は単品製作の問い合わせ等。。。

※スプロケを単品製作してくれるショップ(工場)は結構あります。
 ただ、今回の様にスプロケの中心が通常のスプラインではなくショックアブソーバーになっている場合は
 金額面等、色々あります。
 
 








さらには・・・




b0186107_12135779.jpg

英国から30年代のスプロケ(WD)とショックアブソーバーを購入してみたり。。。

※20年代の車両に後年のショックアブソーバーを流用する事は可能と僕は考えております。
 ただし、特殊な形状のカラーを製作しなければならない他、いくつかの加工が必要となります。
 さらには極太になったスプリングがクランクベアリングを押す事になるので、やってみなければ
 わかりませんがスプリングの強さも考える必要が発生するかも知れません。









b0186107_1222675.jpg

こ、これは!w










んで、色々ありまして。。。w











b0186107_1223915.jpg

!!!!E様、本当にありがとうございます!
摩耗していたショックアブソーバーのsliding memberはU君がステライトを盛ってくれました!










早速組みつけて極寒の中深夜に試乗。









b0186107_1228528.jpg

駆けつけてくれたU君にも試乗してもらいます。












b0186107_12294075.jpg

という訳で半年ぶりに晴れて路上復帰を果たしました!






今回も沢山の友人に助けて頂きました!
僕は本当に恵まれています!
関わってくれた全ての皆さん、ありがとうございました!








Vertigogo - COMBUSTIBLE EDISON
しばらくサントラ続けようかな?
[PR]
by jellyroll1015 | 2012-12-21 23:59 | その他